ブログ

ロードサイド物件とは?

FTC株式会社の原です!

現在弊社にて積極的に探しております、

ロードサイド物件について説明させて頂きます!

 

ロードサイド物件とは?

まずロードサイド物件とは、幹線道路沿いや生活道路沿いなど、

交通量の多い道路にある物件のことをいいます。

片側一車線の道路でも、道路によっていつも渋滞していたりする通りでも、

交通量が多いということなのでロードサイド物件といえます。

 

建物の特徴

ロードサイド物件の特徴は何といっても視認性です。

車で来客される方をターゲットとするため、数十メートル離れた場所でも、

建物が確認できるようなり、アピールすることができます。

建物単独で目立たせる事が難しい場合はポール看板などをつけて補います。

また商店街や駅前と違い、広々な土地で店舗面積を大きく確保できるようになり、

売り場など充実させることができます。

 

質屋かんてい局の特徴

従来の質屋さんのイメージだと、駅前や商店街などにあり、

少し奇妙なイメージを持たれる方もいるかもしれません。

【質屋かんてい局】ではロードサイドに店舗を構えており、

丸い「質」という看板が特徴です!

また店内では、ブランド商品やジュエリーをメインに店頭販売しており

明るくきれいに保っています。

もし、ドライブなどされていて丸い「質」のマークを見かけたらぜひ立ち寄ってみてください!

 

FTC株式会社では上記のようなロードサイド物件を募集しております。

後継テナントや土地の有効活用をお考えのオーナー様、企業様、

ぜひ弊社にてその物件活用させてください!